いさぽん.COM「つくる」に挑戦中

ゲーム系プログラマによる特に方針のないブログ。技術系とカレー、ラーメンネタ多めだったはずが、最近はダイエットネタ多め。

フリーランスエンジニアの紹介会社のメリットについて

フリーランスのプログラマをやっとりますが、自分で営業した時と、人材紹介会社を経由したときで感じたことがあったので、ちょっいメモ。


相場がわかる 〇紹介会社

自分がいくらくらい貰えるのか、稼げるのかというのがなんとなく分かります。


意外と貰えるんだなーというのが紹介会社を使うと体感できました。


ここは紹介会社を使う大きなメリットです。


自分で営業しているときは、ちょっと安く受けすぎてしまった…


交渉の早さ 〇自分営業

紹介会社を経由すると、間に人が入るので物理的に時間がかかります。


また、担当がプログラマーの事などよくわかっていなかったりすると、ねじれ曲がって伝わることもあったりするので……


この前、それで結構困ったことがあったので、紹介会社経由で仕事していたにも関わらず、結局自分で交渉しました。


仕事探しがちょっと楽 どっちもどっち

紹介会社に求人が集まってるので、紹介会社を経由すると仕事探しが楽です。


自分で営業すると、時期によってはまったく仕事が見つからなかったりもするので。


とはいえ、自分で営業すると人との繋がりが増えやすいので、どちらが良いかは甲乙つけがたし。


セミナーなどを開いてる どっちもどっち

紹介会社はセミナーなどを開いていたりするので、初めてフリーランスになったときには役に立つことも多いかと思います。


とはいえ、経験者になると「もう知ってるしなー」という内容が多いので、俺の場合はあまりメリットには感じられませんでしたが…


また、紹介会社経由だと「月何時間は勤務すること」というパターンも多く、セミナーがあっても行けない!なんてこともあるので、難しいところ。


最近は個人で開いている勉強会も多くありますし。


社会的実績 〇自分営業

人材紹介会社経由だと、いわゆる派遣業務的な目で見られるので、いざお金を借りようなどと思ったときにイマイチ弱いです。


自分で営業すると、直接の取引先の実績が増えるので、社会的信用が大きいです(そのおかげで過去にはお金を借り入れることができました)。


何より、家に誰でも知っているような有名企業の契約書があるってのはなかなか気分が良いです(笑)


福利厚生 どっちもどっち

人材紹介会社の福利厚生はぱっと見便利そうですが、自分で時間を作れるのが自分営業のメリットなので、どっちもどっちかなと。


月次処理 どっちもどっち

自分で営業すると、概ね毎月「請求書(納品書)」を作って、企業に渡します。ちょっと面倒です。


人材紹介会社を経由すると、勤務先と紹介会社の両方に勤怠表を出すことになります。ちょっと面倒です。


ぶっちゃけ、どっちもそれなりに面倒です(笑)


ただ、自分営業すると「請求書(納品書)」とそれに対する「支払い証明書」が毎月溜まっていくので、これも社会的実績に繋がります。それは自分営業の大きなメリット。


意外と気を遣う 〇自分営業

紹介会社経由だと、結局のところ勤務先と紹介会社の担当と、2か所に気を使うことになるのでちょっと疲れます。


ただ、知人は「担当には一切気を使わないでこき使う」と言い張っていたので、ここは各々の趣味の問題かもしれません。


契約の切りやすさ 〇紹介会社

自分で営業して、自分で直接契約していると、いつも顔を合わせている人に「すんません、終了したいでごわす」的なことを直接言うことになるので、ちょっと気が引けます。


紹介会社経由だと、その辺担当に言うだけなので、ちょっと気楽です。


とはいえ、逆に担当から「もうちょっと続けてください」とか言われることもあったりなかったり。


個人的感想

どんな働き方しても、どうやって仕事をとってきても、なんらかの手間はかかることには変わりない。