いさぽん.COM「つくる」に挑戦中

ゲーム系プログラマによる特に方針のないブログ。技術系とカレー、ラーメンネタ多めだったはずが、最近はダイエットネタ多め。

林家木久蔵ラーメンを食べてみた

日本一有名なラーメンのひとつ。


でも意外と食べた人は少ない。


それって何さ?


木久蔵ラーメンだ!!


f:id:no-operand:20170101135833j:plain

というわけで、木久蔵ラーメンを食べてみました。


先日、浅草にて林家木久扇師匠がラーメンを売っておりました。


というか、木久扇師匠が出演されるときはいつも売ってるのですが。


やはり木久扇師匠は有名人なので、周りに人だかりができるんですね。


なので、なかなか買う気になれてなかったのですが


やっと手に入れました。


一応、笑点メンバーからはマズイだのいぢられていますが


なかなか美味しいという声もあったりします。


まぁ、食ってみりゃわかる!


さて、どこまでマズイのだろう?(笑)


コンセプトは「昔の東京ラーメン」

開封すると木久扇師匠のラーメンに対する思いが書かれています。


どんな内容かは買った人のお楽しみということで


ここには書きませんが


この木久蔵ラーメンのコンセプトは


昔の「中華そば(東京ラーメン)」です。


あっさりしょうゆ味。


面は細すぎず太すぎずの縮れ麺。


トッピングにノリが入っています。


ほんと、コンセプト通りのラーメンといった感じです。


東京人には懐かしい味!

一口目の感想。


「最近食べてなかったこの味!」


ほんま、これ。


昨今のラーメンブームのおかげで


東京から消えつつある


東京ラーメンの味。


「うまーーい!」というか食った後に「ふぅ」ってなる感じのアレです。


飲んだ後に食べたくなるタイプですね。


最近東京ラーメンに飢えていたので


このタイミングでこのラーメンを食べたのは


とてもよかったです。


スープも最後まで気持ちよく飲めました。


ラーメン通な人には物足りないかも?

とは言え……


最近では家形ラーメンが流行るなど


今や


ラーメン=味が濃い


という式も成り立っていると思います。


つまり


ラーメンを食べる=濃いものを食べる


みたいなところはあるわけで。


そういう面からみると


食べた後に「物足りない」とか「味が薄い」という人がいてもしょうがないのかな?と


ちなみに、すすめの調理方法ですが


麺はすぐに茹で上がるので


調理方法よりも気持ち早めに湯切りがおすすめです。


普段濃ゆいラーメンを食べているなら


スープは気持ち少し濃い目(お湯の量を減らす)がおすすめ。


と、いうわけで木久蔵ラーメンはこんな感じ

f:id:no-operand:20170108114058j:plain

想像していたものと違う?


すみません、これは唐辛子を大量に入れ


最後に溶き卵を入れてみた魔改造バージョンです。


最初は普通に作っても食べたし


写真もそっちのほうが良いのかな~


と、思ったのですが。


なんとなく「謎のベールに包まれたラーメン」というイメージが


木久蔵ラーメンにはあるのではないかと感じ


あえて魔改造した写真にしてみました。


木久蔵ラーメンの正体が気になる人は


自分で食べてみてください!


林家木久蔵ラーメン 東京下町しょうゆ味 3食入

林家木久蔵ラーメン 東京下町しょうゆ味 3食入

Amazonでも買えるんですね……。


惜しむべきは、値段の高さ……