いさぽん.COM「つくる」に挑戦中

ゲーム系プログラマによる特に方針のないブログ。技術系とカレー、ラーメンネタ多めだったはずが、最近はダイエットネタ多め。

【アクアリウム】しじみ(マシジミ)を育ててみる

ふっふっふ


俺は新しいペットを


飼い始めたのだ!!


え?


聞きたい?


どーしよっかなー


教えちゃおうかなー


答えは……


え?


「しじみでしょ」?


なんて知ってるの!?


タイトルに書いてあるって?


なんてこったい!


デオチじゃないですかああ!


……


と、大しておもろくもない寸劇はおいておいて……


マシジミってなんだ?

よく食べられている「しじみ」は汽水(海)に住むしじみ。


対するマシジミは淡水で育つしじみです。


一説にはスーパーで売ってる汽水のシジミも


淡水に入れておけば順応する


みたいな話もあるようですが


ここは徐々にその生息地を減らしている


マシジミを育ててみようと思います。


生息地が減っている=いずれ絶滅危惧になる。


と言っても過言ではないかと。


なので、こうして育ててみて


育つ環境、生態が分かれば


もしかしたら絶滅の危機から救えるかも?


……


まぁ飼ってる人のエゴですね。


水質がよくなるしじみパワー

しじみは水槽に入れておけば


水の透明度が上がるといわれています。


正直、ウチの水槽の水は結構透明度が高いので


しじみパワーは必要ないのですが


単に面白そ……


じゃ、じゃなくって……絶滅の危機から救うべく


その飼育方法を調べてみよう


という観点から飼育を始めてみました。


すみません、増えたら食べようとか思ってます……


※マシジミはちょっと味が薄いらしいので食用にはそれほど向かないらしい


飼育環境

抑えるポイントは


潜るべき床材(砂利など)があること。


水の流れがあること。


水温は10~28度


ということくらい。


今回は、床材は余っていたソイルを使いました。


水の流れ、これは濾過槽へポンプで水を送っているので大丈夫。


水温は最近はエアコンをずっと入れっぱなしなのでOK。


と、環境はOK。


あとは餌。


いろいろ調べると


どうやらメダカなどの魚の糞が良いみたい。


ってことは、これで十分?


ということは、今までの水槽に放り込めばOK?


そんなわけで


深くは気にせず


水槽にドボン!!


そして2週間が経過しました

翌日には20匹中1匹がお亡くなりになりました


が、残りのしじみ達は元気(?)そうです。


f:id:no-operand:20160816075055j:plain

こんな感じで


水管を2本出しています。


エビやメダカがツンツンすると


ひっこめちゃいます。


そしてしばらくするとまた


水管を出します。


よし、生きてる!


気を付けていること

魚やエビ用の餌をしっかり与えることです。


今までは週に1回くらいしか餌を入れていませんでしたが


しじみが来てからは


ほとんど毎日餌を入れてます。


それが水槽内での栄養が増え


しじみの健康につながると


思っています。


とはいえ、まだまだ様子見が必要です。


使用用品

床材

ポンプ(ろ過機)

マシジミのねごと話 (MyISBN - デザインエッグ社)

マシジミのねごと話 (MyISBN - デザインエッグ社)

マシジミは新常識のシンボルとして世界に広がる (MyISBN - デザインエッグ社)

マシジミは新常識のシンボルとして世界に広がる (MyISBN - デザインエッグ社)

マシジミ 地球常識 特許取得 (MyISBN - デザインエッグ社)

マシジミ 地球常識 特許取得 (MyISBN - デザインエッグ社)

マシジミ飼育水槽 日本初 マシジミを飼おう (MyISBN - デザインエッグ社)

マシジミ飼育水槽 日本初 マシジミを飼おう (MyISBN - デザインエッグ社)

マシジミはびっくり箱の玉手箱

マシジミはびっくり箱の玉手箱